ハイパースキン脱毛とは

ハイパースキン式とは?

 

 ハイパースキン式脱毛はレーザー脱毛とは全く違う脱毛方法で、毛根部を高熱を与えて破壊する方法ではなく、毛穴から毛が抜けた後、もしくは生える前の毛穴に対して脱毛機からの光線を浴びせることによって発毛を促している皮脂線部と毛母細胞の働きを抑制する今までと全く違う脱毛方法です。

 

 

ハイパースキン式のしくみ

 

 ハイパースキン式は今までの脱毛方法とは全く違うメカニズムによる方法で、ムダ毛の処理を行います。 

 

 今ほとんどの医療機関や脱毛サロンで行われているレーザーや光脱毛は黒い色のものに反応する性質を利用して成長期の黒い毛の毛根部に熱を発生させて、毛を生やそうとする毛乳頭・毛母細胞と呼ばれるものを高熱でダメージを与えてこれらを破壊することによって2度とムダ毛が生えてこないようする方法です。

 

 それに対してハイパースキン式は毛が抜けた後もしくは、毛が生える前の毛穴を狙って発毛をしないようにアプローチを行う方法です。

 

 発毛のメカニズムとして普通は毛が抜けた後、バルジと呼ばれる場所でまた新たな毛を発毛させようとします、その新しい毛の元になる発毛因子が、皮脂腺から栄養分をもらう事によって新しい毛に成長をしていきますが、その新しい毛に対して特殊な光線を浴びせることによって毛の成長を抑えて新しい毛が生えにくくなる脱毛法です。

ハイパースキン式のメリット

 

 ハイパースキン式はレーザー脱毛のように高温は発生しないため(39℃前後)に、脱毛後のやけどや赤く腫れあがるなどの肌へのダメージを心配する必要が無く、発熱による痛みなどもほとんどありません。そのため肌が弱くて脱毛ができなかった人やお子さんにも安心して脱毛することができます。

 

 また、レーザーや光脱毛と違って黒い物(黒髪)に反応させて脱毛を行うわけではないので、金髪や白髪でも脱毛することが可能で、さらにレーザーや光脱毛が苦手とする産毛の処理でも効果が変わることがありません。そして何と言っても日焼けをしていたり、色素沈着で脱毛自体ができなかった人でも脱毛が可能に。

 

ハイパースキン式のデメリット

 

 この脱毛法が確立されてからまだ日が浅いために理論的には脱毛が可能であっても、脱毛効果の個人差を含めまだ本当の効果が良くわからないため、もう少し時間が必要です。(これはレーザー脱毛も同じです)

 

 効果が感じられるまでレーザー脱毛よりも時間がかかってしまいます。特に毛の量が多くて太い脇やVラインなどはレーザー脱毛の効果が高いため比べてしまうと効果のほどが感じにくいという不満が出てしまう事もあります。

 

 

ハイパースキン脱毛のおすすめサロン

 

ディオーネ

 ハイパースキン脱毛を実施している数少ない脱毛サロン。特に顔脱毛や全身脱毛の体験コースが人気で、VIOラインコースも上位人気のプランです。特に肌が弱い敏感肌の人や、アトピー体質で他の脱毛サロンやクリニックで断られてしまった人でも脱毛ができると好評のサロンでもあります。

 

「痛くない!」「フォト美顔」を同時にできる脱毛