IPL式脱毛とは?

IPL式とは?

 

 IPL式脱毛は基本的にレーザー脱毛と同じ仕組みの脱毛方法です。しかし、脱毛サロンではレーザー脱毛は使用できないので、威力をおさえた脱毛機を使用しています。このIPL式脱毛機はレーザー脱毛機の出力を制限した機器と考えてよいでしょう。

 

IPL式のしくみ

 

 IPL式脱毛は上記でも述べたようにレーザー脱毛と同様のしくみで、毛根部に黒色に反応するレーザー光線を浴びせることによって毛根部に熱を発生させて、毛母細胞という発毛を促す器官にダメージを与えて発毛を抑える方法です。(※サロンでは毛母細胞を完全に破壊する行為は禁止されています)

 

 以前では脱毛サロンも医療レーザーと同じ出力で脱毛を行っていました。しかし、やけどなどの被害が多く寄せられてしまい、厚生労働省も無視をできない状況となり、それまであいまいだったレーザー脱毛に関して2001年に正式にレーザー脱毛は「医療行為」と通達をして、それ以来脱毛サロンでは法に触れない出力以下での営業をせざる得ない状況となっています。

 

 したがって脱毛サロンで行われている行為は実は、脱毛と言う事は出来ず、ただしくは除毛行為に当たるわけです。そのために脱毛サロンの脱毛行為では永久脱毛という表現は絶対にできないのです。

 

 では脱毛サロンの「脱毛」ではなく、「除毛」では効果がないのかというとそうでもなく、実際に通っていた人の多くが十分満足できるほどの仕上がりになっています。中にはもうほとんど毛が生えてこない人もたくさんいるので、永久脱毛と表現できないだけで効果が期待できないという事はありません。

 

 しかし、この脱毛方法もどうしても仕上がりに個人差が出てしまい、出力が抑えられている分やはりレーザー脱毛機での脱毛の方が確実に脱毛ができるという事になります。

 

 

⇒おススメのサロン・クリニックはこちらから