ムダ毛 自己処理 黒ずみ 色素沈着

自己処理は黒ずみ・色素沈着の原因に

 

 一番多く脱毛処理に使用されているのは、カミソリや毛抜きです。たしかにお金もかからずてっとり早く除毛が済ませられるのでカミソリで処理しがちです。

 

 しかし、このカミソリや毛抜きの処理によって思っている以上に肌へのダメージが大きく、肌トラブルの大きな原因につながってしまいます。

 

 毎日の自己処理で日々肌にダメージを与え続けると肌が防衛反応を示して、メラニン色素を発生させてしまいます。これによって黒ずみや色素沈着につながってしまいます。

 

 特に毛が濃い人は回数も多くなりがちで、しかもどうしてもキレイにしたい思いが強くなり、カミソリに力が入ってしまいさらに肌へのダメージが大きくなってしまいます。

 

 そのほかにも毛嚢炎や埋没毛の原因にもつながってしまいます。これらができてしまうと自分の肌を見るのもイヤになるほどみにくくなってしまいます。

 

 もし自己処理によって肌が赤くなったらそれは肌が悲鳴を上げている証拠です。そうなってしまったら色素沈着になる前に、自己処理をすぐにやめて肌のダメージ回復をすることによって色素沈着などの黒ずみを防ぐことができます。

 

⇒黒ずみや色素沈着の進行を止めるには

黒ずんでしまってもキレイに脱毛したい!

 

 自己処理などで黒ずんでしまっても当然ムダ毛を無くしてキレイになりたいと思っている人は多いと思います。多少の黒ずみであれはほとんどの脱毛サロンやクリニックでも脱毛をしてくれます。ただ安全面を考慮して脱毛器の出力を下げて行うと思われますので、多少脱毛の効果が下がってしまう可能性もあります。

 

 そのため自分が納得できる仕上がりまでしっかりと脱毛したいと思っている場合は多少脱毛の回数が他の人よりも多くなってしまう場合もありますが、辛抱強くやっていく必要がでてきます。

 

 もし少しでも黒ずみを改善したいという人は『黒ずみ・色素沈着で脱毛できない場合や進行してしまったときの対処法』のページで説明した対策が必要になってきます。

 

 最近では従来の脱毛方法とは違った脱毛法も登場し、黒ずみにも関係なく脱毛する方法もあります。もし光脱毛やレーザー脱毛で思ったような結果が出ない、もしくは脱毛を断られたという人にはハイパースキン脱毛やSHR式の脱毛をオススメしています。
 

⇒詳しくはコチラ