レーザー・光脱毛身体に悪い? 身体に対する影響

脱毛機のレーザー光って身体に悪くないの?

 

 脱毛を始める前に不安な点はいくつかあると思いますが、そのうちの一つに脱毛機のレーザー光がもたらす身体に対する害ではないでしょうか?

 

 確かに身体に直接レーザーを当てて、毛根を焼き切って毛母細胞を破壊するという行為に対して不安がないはずがないと思います。

 

 これは紫外線に皮膚がんにつながってしまう原因があるのと重なってレーザー光にも長い期間当てていたり、威力が強い光に対しては身体に相当悪いのでは?というイメージができてしまいます。

 

 実際にも紫外線は皮膚がんの原因だけではなく、シミ・黒ずみや色素沈着など、肌荒れの最大の原因と言ってもいいほど人間の身体には大きな影響をもたらしてしまいます。

 

 でも実際は脱毛機で使用しているレーザー光は赤外線に近い光で、赤外線はこたつや携帯電話にも使われているとても身近なもので当然身体に対して害はありません。それに動物実験もしっかり行われており、長期的な影響もないとされています。

 

では、全く心配しなくてはいいの?

 

 『脱毛後にシミは出来ないのか?』でも説明をさせていただきましたが、レーザー光は黒い色に反応して熱を発生させる性質を持っていて、この性質を利用して脱毛をしています。

 

 このため皮膚内で高温が発生しているので、ひどい場合は火傷を負ってしまったり、この高温によって身体の防衛本能によってメラニン色素を発生させてしまいます。

 

 このメラニン色素が脱毛後のシミや黒ずみなどの後遺症になってしまう可能性があります。そのため、各脱毛サロンやクリニックでは安全面を考え、出力を抑えたりして脱毛を行っています。

 

 脱毛サロンやクリニック選びはいざという時のために料金面だけではなく、技術面(実績)や保証面もしっかり考慮する必要があります。

 

⇒オススメのクリニック・サロンはコチラ