黒ずみ 色素沈着 脱毛

黒ずみ・色素沈着で脱毛できない?

 

 脱毛クリニックや脱毛サロンで極度の黒ずみや色素沈着で脱毛を断られることがあります。ではなぜ断られるのかというと、クリニックやサロンで使用している脱毛機の仕組みによるものです。

 

 脱毛クリニックや脱毛サロンで使っているレーザー脱毛機や光脱毛機はこのサイトでも紹介しているように、黒い色に反応する特殊なレーザー光を毛根に当てることによって熱が発生します。その熱で毛の生成している毛母細胞を破壊して新しい毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

 

 脱毛器が黒色に反応すると高熱が発生してしまうために、黒ずみや色素沈着が進んでかなり黒ずんでしまっていると大きな火傷をしたり、水ぶくれなどの肌トラブルの可能性も出てきます。

 

 脱毛サロンやクリニックは当然お客に対してこのようなけがをさせるわけにはいかないので安全面を考えたうえで施術を断ることがあります。

 

 脇の狭い範囲だったり、VIOラインみたいな黒ずみが激しい部分は脱毛自体を断られることがありますが、脱毛を希望している一部分が黒ずんでいる、または色素沈着してしまっている場合は、その場所を除いて脱毛をしてくれます。ホクロも同様にのぞかれます。

これ以上黒ずみを進行を食い止める

 

 自己処理などによって黒ずみが進んでしまった場合はまず保湿を最優先に心がけましょう。黒ずんでしまった肌はターンオーバーによって新しい綺麗な肌へと生まれ変わります。このターンオーバーをスムーズに行うためには肌を正常な状態にする必要があり、そのためには保湿は絶対に欠かせません。

 

 特に乾燥肌の人や敏感肌の人は肌のバリア機能が弱っていて、肌表面が荒れてしまっています。元々炎症が起きやすい肌になっているため脱毛などの大きなダメージを負ってしまうと、健康な肌の人よりも黒ずみが進んでしまう可能性がさらに高まってしまいます。

 

 今なら美白の医薬品である『ロスミンローヤル』や敏感肌対策用の美白化粧品の『サエル』などもありますのでこのようなものなどで肌バリアの機能を高める必要があるでしょう。