レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは?

 

 レーザー脱毛は、今ほとんどの医療機関(皮膚科、クリニックなど)が使用している脱毛方法です。このレーザー脱毛は医療機関しかできない脱毛方法で、脱毛エステサロンなどでは行えない医療行為に当たります。

 

レーザー脱毛のしくみ

 

レーザー脱毛のしくみですが、黒色のものに反応する特殊なレーザーを当てることにより、その部分で熱が発生するというものです。

 

 日本人のほとんどの人が黒毛という事で、この黒色に反応して熱を発生させる特徴をうまく利用し、ムダ毛に対してレーザー光線を当てることによって、発毛を促す毛母細胞にダメージを与えて、二度と毛が生えてこないようにするものです。

 

 このレーザー脱毛機から放たれるレーザー光線はかなり強力なものなので、脱毛サロンではこの機械の使用が許されていません。2001年に『医師免許』がない人によるレーザー脱毛は医師法違反と厚生労働省の正式な通達によってそれ以来脱毛サロンでレーザー脱毛機を表だって使用しているサロンはありません。

レーザー脱毛のメリットは?

 

 レーザー脱毛の最大のメリットといえば何と言っても脱毛効果が高いこれに尽きます。この脱毛法ができるまでは針脱毛(ニードル式)が脱毛法の主流でした。

 

 しかし、高額なお金がかかってしまったり、脱毛時の激痛や期間がかかり過ぎたりと、デメリットがとても多く、このレーザー脱毛の実際の効果が確立されるとニードル式を行う医療機関がほとんどなくなりました。

 

 レーザー脱毛の効果が永久脱毛と言っても過言ではないほどの効果だったため、今ではほぼ全ての医療機関が使用している主流の脱毛法となり、金額・施術の手間・効果の面を考えると現在では一番の脱毛法と言えるでしょう。

 

 

 

レーザー脱毛のデメリットは?

 

 レーザー脱毛は出力が高いために肌への負担もその分高くなり、場合によってはやけどや赤く腫れあがってしまう危険性もあるため、医療機関でしか行えない脱毛方法という事もあり、その分値段も少し高めになってしまします。しかし、脱毛効果は光脱毛よりもはるかに高いため、なかなか効果が出ない光脱毛の回数を繰り返しているより、効果の高いレーザー脱毛で少ない回数で脱毛を完了させれば逆に安く済む場合もあります。

 

⇒おススメの皮膚科(クリニック)はこちら