レーザー 光 産毛 脱毛効果

レーザー・光脱毛は産毛に効果がないのか?

 

 よく、顔の脱毛やひじの脱毛は産毛だから効果が出にくいなんて言葉を耳にしますが、確かに脱毛機の仕組上、どうしても産毛に対して脱毛の効果が下がってしまいます。

 

 その仕組みとは、レーザー脱毛や光脱毛は黒色のメラニンに反応させることで熱エネルギーが発生します。この熱エネルギーを利用して毛の生える毛根部、毛母細胞を破壊して新しい毛が生えてこないようにする方法なので、しっかりとした黒色の太い毛に対してはたくさんの熱エネルギーを放ちますが、産毛の様な細くて黒色の面積も少ない毛になってしまうと十分なエネルギーが得られず、毛母細胞を破壊するまでに至らないため、また新しい毛が発毛してしまいます。

 

 かといって、出力を安易に上げてしまうと今度は火傷の可能性も高まってしまうのでサロンやクリニック側も安全面を考えると慎重にならざる得ないので、結果として脱毛効果が思ったよりなかったという事になってしまう事も少なくありません。

 

 脱毛機の出力に関しては、人それぞれ肌質も違い、肌の強さも違うので皮膚科であれば看護師さん、脱毛サロンであればエスティシャンの人の勘に頼るしかないため施術を受ける私たちにはどうすることもできません。

 

 現に、前回脱毛効果がなかったとしてクレームをして、出力をあげてもらって脱毛したところ、今度は火傷を負ってしまったというケースもありますので脱毛効果だけ考えて出力をあげてることは大けがにつながるので施術する側も、される側も慎重にならなくてはなりません。

火傷のリスクが少ないハイパースキン脱毛・SHR式脱毛

 

 レーザー・光脱毛の場合は産毛を脱毛するにはある程度出力を上げないと脱毛効果も期待できにくいのですが、出力を上げた分、火傷を負ってしまう可能性も高まってしまいます。

 

 特に顔の脱毛になれば火傷などは絶対に避けたいところです。しかし、顔のムダ毛のほとんどは産毛なので効果がないのもこれまた辛いものです。

 

 肌が弱かったり、アトピー体質や脱毛の痛みに弱い人などはハイパースキン脱毛やSHR式脱毛がおすすめです。 

 

ハイパースキン脱毛

 

 ハイパースキン脱毛は毛の成長期にレーザー光でメラニン色素を反応させて熱でダメージを与える方法とは全く違い、毛を生成する毛乳頭や皮脂腺開口部に反応する光を採用していて、細胞を破壊することなく縮小させて毛の発育を遅らせて徐々にムダ毛を薄く、細くしていく方法です。

 

 この方法なら高温が発生しないので、火傷の心配もないのでシミや色素沈着になってしまう事もありません。敏感肌で脱毛ができない人や黒ずみで色素沈着が原因で脱毛を断られた人もこのハイパースキン脱毛なら脱毛が可能なので、今までの脱毛ができなかった人にはおすすめの脱毛法です。

 

 

顔体験脱毛はコチラ

顔体験脱毛はこちらをクリック

 

全身体験脱毛はコチラ

全身体験脱毛はこちらをクリック

 

 

SHR式脱毛

 

 このSHR式脱毛は最新式のダイオードレーザー脱毛機『ソプラノ』で初めて可能になった脱毛法です。このSHR式脱毛法は毛根をターゲットにするのではなく、毛包(毛穴)をターゲットにした脱毛法で、毛根のように狭い範囲ではなく、毛穴全体という大きな範囲をターゲットにしているため、熱エネルギーが分散して皮膚内でもそれほど高温にならないので火傷の心配がほとんどなくなりました。

 

 この脱毛法もハイパースキン脱毛と同じでメラニン色素をターゲットにしていないため、産毛や金髪でも脱毛が可能です。

 

 しかし、まだ日本にこの脱毛機がそれほど導入されていないため、このSHR式の脱毛ができるクリニックが少ないのが難点です。脱毛で人気のクリニックである湘南美容外科の品川院のみこの脱毛を取り扱っています。

 

 

SHR式脱毛はコチラから(品川院限定)

湘南美容外科

湘南美容外科